フェイスケア

皮脂汚れを残さない洗顔法とは

毛穴に溜まっている皮脂を取り除く事はスキンケアでとても重要な事です。

 

毛穴に溜まった皮脂をそのままにしておくとメイク汚れや空気中の小さなホコリなどと混ざり合って皮脂が固まり角栓となってしまいます。

 

角栓になってしまうと、ニキビやブツブツ毛穴の原因になるのでこの角栓を作らない為にも毛穴に溜まった皮脂はしっかり取り除いておくべきです。

 

では効果的に毛穴の中の皮脂を取り除くにはどうしたらいいのでしょうか?

 

では、けななの皮脂をケアするためのポイントをあげてみたいと思います。

 

まずは洗顔をする前に毛穴を十分に開かせる事。

 

次にけななの汚れをしっかりと洗い流す事。

 

最後に開いたけななを引き締め。

 

この3つがおもなポイントになります。

 

毛穴の汚れを取り除くには毛穴をしっかり開かせる事がまずは大切です。

 

代表的な物にスチーマーがありますが、スチーマーを使わなくても蒸しタオルで十分毛穴を開かせる事ができます。

 

蒸しタオルは電子レンジで簡単に作る事が出来るのでお手軽ですよね。

 

ただしやけどにはくれぐれもご注意を

 

蒸しタオルも面倒だ、という方は入浴中にケアするのがいいでしょう、湯船にゆっくりとつかった後なら毛穴は十分に開いてくれます。

 

毛穴が開いたら、洗顔ネットなどでしっかり泡立てた泡で優しく丁寧に洗顔し、汚れを落としましょう。

 

どろ豆乳石鹸のどろあわわや火山灰シラスのよかせっけんなど毛穴汚れに強いタイプの洗顔料を使うとより効果的に汚れを落とす事が出来ます。

 

すすぎはぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

ここで冷たいお水を使うのは厳禁です。

 

最後に開いている毛穴を引き締める作業です。

 

すすぎ終わったら冷たいお水で毛穴を引き締めましょう。その後は引き締め効果のある収れん化粧水などではだに潤いを補給します。

 

以上が、毛穴汚れを意識した洗顔方法です。

 

普段からこのような洗顔方法を取り入れる事で角栓ができにくくなりお肌の状態も良くなると思いますよ。