フェイスケア

紫外線は肌にとって最悪です

美白を目指す女性なら紫外線が大敵なんてことは誰でも知っていると思いますが

 

今回は美白と紫外線の関係性についてお話したいと思います。

 

紫外線はUVAとUVBの二種類に大きく分けられます。

 

Aは長波長紫外線、Bは中波長紫外線です。

 

まず、UVAは、コラーゲンやエラスチンと言った皮膚にハリを与えるものに悪影響があり、シワやたるみの原因ととなってしまいます。

 

次にUVBの方はメラニンを生成する大きな要因で、日焼け、シミの原因となります。

 

つまりUVAであってもUVBであってもお肌にとって良くない事にちがいはありません。

 

美白の大敵であるばかりでなく肌の老化まで促進してしまうものですので、少しでも美容に関心があるなら何が何でも防ぎたいものです。

 

紫外線を浴びない為に一番手軽で一般的なのは日焼け止めを塗る事。

 

一日の中で一番紫外線の強い時間帯、朝の10時〜午後2時くらいまでは特に気をつけないといけません。

 

日焼け止めが苦手、という方もいらっしゃいますが最近では付け心地が軽めのクリームやローションなども多数、商品化されてますので、自分に合ったものを見つけるもの難しくないと思います。

 

日焼け止めには紫外線防止能力を示すSPF値というものがありますが、SPF値が高いほど肌への負担は大きくなると言われています。

 

ですので値が高いものがいいというわけではありません。

 

夏場など特に強い紫外線に当たってしまう時は別ですが、日頃の紫外線対策ではSPF15〜20程度の日焼け止めで十分といわれています。